♡ウニちゃん♡

今年は新年を祝う気持ちが起きず、
まさに喪中の心境ですが、
こうして辛さを一つ一つ昇華して
前に進むのかと思うと
悲しくも寂しくもあるところです。

ご報告が遅れましたが、
ワサの死因は中毒ではありませんでした。
ワサを剥製としてその姿を
この世に残したいと依頼した職人さんから
作製のため解剖したところ
人間でいうみぞおちに出血痕があり
それが落鳥(死亡)原因と断定を受けました。
呼吸器系に異常は無かったそうです。

1月下旬
元々、元の店舗に戻る予定でした。
それで今後なのですが、
これまでのふれあい重視のお店から
ふくろうを扱う難しさ生活に潜む危険
そして、ふくろうの魅力を
情報発信するお店にシフトして
再出発することにいたしました🤲
一旦、お店を閉めると決めたので、
皆様には名残を惜しんでいただき
ご心配おかけしてしまいました。
申し訳ございませんでした。

ポッポだけお店に置いて再出発と
考えましたが、
夜にひとりぼっちで過ごすのかと
考えると寂しそうで可哀想で、
それで、クーちゃんも残留に。
あとからやはり戻させてくださいと
お願いすることがあっては
あまりに勝手で出来ませんので
フランも残留することにしまして
まず餌は、猛禽倶楽部さんの
正真正銘純国産の最高品質のマウスを
売っていただき、完全食マウスに移行
みんなの体調に万全を期してまいります。
猛禽倶楽部さまにはコットンと
元々猛禽倶楽部さまの子どもだった
ルルをお願いすることになりました。

剥製の中でも羽が弱く細い羽のキジバトと
同じくらい困難な作業とおっしゃりながらも
依頼を引き受けてくださった
職人さんは自分が満足できなければ
引き渡しできないとおっしゃるので
ワサの剥製展示はもしかすると
できないかもしれませんが、
たくさんパネル展示を考えています。

シンデレラボーイウニちゃん。
一足先におうちのハリネズミに
なったウニちゃんは、
毎日大切にしてもらって幸せそうなのが
画面からも伝わります
どれだけドライフルーツや芋虫を与えても
カリカリのエサだけしか食べなかったのに、
おやつに🍎🍇、専用のおやつを食べたり!
右前足に腫れがあり治療しましたが、
セカンドオピニオンしてくれたおかげで
ようやく腫れもひいたようで
本当に良かったです
寿命をいえばあと1、2年ですが
ウニちゃんを引き受けてくれた
スタッフの娘さんとご家族に感謝です
夜中、深夜になると
大好きな回転車をカラカラカラカラ
回し、リビングや廊下を走ると、
今までお店ではしたことがない粗相を
マーキングなのかするそうです。
そして、自分のお部屋では
きちんとトイレで済ますようになったと😳
誰も教えないのにすごいですね🤲